挫折したっていいじゃないか!

ロードバイクに乗ったオッサンが 旨いビールを飲むために頑張って
江戸川CRを走った軌跡ですw

ロードバイク参考書籍「弱虫ペダル」を読んで日々研究しています

「Mt.富士ヒル」参戦記その2

地球世紀 2017.06.11 
日本最高峰 富士山を自転車で登る 一般人か見たらキチガイな!!
ヒルクライムレース決戦日である


4:00 駐車場オープン
我々KLTアル中部隊は 駐車場まで20分くらいなのと 荷物預かりは6:00なので余裕の4:00起床w(これが後に 惨劇をもたらす事を私は知らなかった)


4:20 駐車場到着予定時間
私が駐車する富士急ハイランドに 到着したと思ったら大渋滞( ̄◇ ̄;)
でもすぐに入れると思ったが・・・・・20、30分程かかりようやく駐車
速攻用意し会場に向かう この時5:20分
自転車で5分くらいで着くだろうと思ったが またも自転車渋滞!!


5:40 会場到着
自転車を押し歩いてきたので20分かかってしまったが、荷物預り締め切りまでは間に合うだろうと思っていたが場所が分からず ウロウロ
5分前に荷物を預ける事が出来たが……………


第2波ソーラーシステム発動(う◯こ)しそうなので トイレへ
ここも当然渋滞w今回もスタート前は大変でした(´;ω;`)


人数が多いせいか10分ほど遅れて スタート

シルバー狙い(73分30秒)なので序盤は抑えて行きました
貧乏使用 マスキングテープのラップチャート通りに走行


3合目までは1分ほど貯金がありました(この時ボトルの水は4分の1しかなかったよ)
15kmまでは完璧に任務遂行(ボトルのは水ピンチですが!!!)
16km ここからスパート駆けようとダンシングしようとしたら................................
足がつったwww(スタート前のドタバタで 喉が乾いてボトルの水を結構飲んでしまって水不足と、寒さで足がつったようです)


ここから20km付近までは足が痛いので 軽いギヤでサイクリングペース(*´ω`*)
ゴール前のスプリント区間で回復したので ボトルの水を全部飲み干し
最後の力を振り絞しぼって全開アタック
ゴール前の最後の坂前で 無常にも75分経過してしまいました
ゴールまでは悔しくて涙を流しながら(アイウェアーしてて良かった)ゴールしました


5合目は結構寒く 足がつって立ちゴケを繰り返し降りて無事下山(下りは寒い)
タイム1:17:10.82残念┐( ̄ヘ ̄)┌来年ガンバロウ


来年挑戦される方へ わたくしなりのアドバイス!
1 Mt.富士ヒルは案内書は郵送では届きません(ホームページからダウンロードしましょう)
2 参加人数が多いためか スタッフの人数が足らないので事前に待機場所、トイレ、  
 荷物預かり所を調べておきましょう
3 時間に余裕を持って行動しましょう
4 試走した方がいいです(私しませんでしたw)
5 補給食(ゼリー)は持っていった方がいいですよ(坂が長いです)
6 前の日は酒を飲まない方がいいかも(´ε`;)



「Mt.富士ヒル」参戦記 その1

地球世紀 2017.06.11に行われた


日本最大級のヒルクライム「Mt富士ヒル」に参戦した 
我々KLT山岳部隊
来るべき決戦に迎え 会場を偵察するのであったww


そこには夥し数の モビルスーツ(ロードバイク)がスタンバイしておりました

ニュータイプ専用機も かなりいましたw


受付をさっさとすませ 本日のメインイベント「SAKA盛り」前に
出店ブースを探索していると エースパイロット養成施設が設置していましたよ!!

ダイレクトドライブの固定ローラー静かで 負荷も自動で設定してくれる優れもの

お値段も高いけど凄くヽ(●´ε`●)ノ ホスィ

色々なメーカーが出店してましたが 残念ながら来年度モデルは無かった


会場を徘徊していると................


ママチャリ界のスーパースター「キクミミさん」を発見(左の方)
なんとロードバイクで参戦されるとのこと(((゜Д゜;)))


ママチャリでも速いのに ロードバイクに乗ったら
シャアが専用機に乗るようなもので 通常機の3倍のスピードで 
多くのクライマー達を葬りさるのであろうwww 
後に「蒼い彗星」と呼ばれ クライマー達に恐れられることになる(ウソ)


探索も飽きて来たので車中泊をする為 道の駅へ
やる事ないので 昼飯食いながらビールを飲んで温泉に入って
あちら氏と、後から合流のIS氏とで酒盛りwww


ハルヒルの失敗(二日酔い)を繰り返さないよう 酒の量も完璧に調整しました
この日の酒量は ビール1中ハイ1共に500mlハイボール1350ml
翌日は二日酔いにならなかったですヽ(*´∀`)ノ


続く


ハルヒル参戦記

KLT山岳部隊である
(そんな部隊ありませんw)私のヒルクライム初参加する 
群馬県高崎市榛名山を登る「ハルナヒルクライム」に参戦する為


遠路はるばる群馬県にやって来ました 


秋に開催される「赤城ヒルクライム」の試走もかね 赤城山に登ったよ

山の入口には 立派な鳥居がお出迎えしてくれます


方向音痴な私は 迷いまくり10時くらいにスタート地点につきました 
先に登り終えた0氏とダベリングw


暑い中 ハルヒルの試験走行(ダンシングの練習)疲れを残さない為
タイムアタック禁止&オカワリ禁止の ゆーるく登頂(´∀`*)

景色も観ず すぐさま高崎市にあるラーメン屋に直行

ゴゴゴゴゴゴゴゴーっ!!!

「ジョジョの奇妙な冒険」好きなら食いに行け∠( ゚д゚)/
石仮面やフィギュアが沢山置いてある素敵な店です

私の好きな シーザー・アントニオテェペリもおります

そしてマジシャンズレッドwww

腹ごしらえもし 受付会場へ

ヒルクライム大会 は前日受付が多いらしく
土曜日休みが取れない、私にはこれが1番厳しいです(有給を使わせてもらったよ)

色々な飲食店やブースが出店してました


受付を終え チームメンバーとのメインイベント「楽しい酒MORI]開始
次の日のハルヒルの事も忘れ盛り上がり ちょっとだけ飲みすぎましたw


当日は・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・二日酔い(・・;)


出走準備も辛く ウォーミングアップしたら吐きそうなぐらいの調子の悪w
しかもスタート前にGARMINを失くす運の悪さ・゜・(ノД`)・゜・


テンション最悪のままスタート地点へ
頭の中は(ガーミン、ガーミン、ガーミン)の無限ループwww
ヒルクライムするより サイコン探しに行きたい気分でした


幸いにも酒も抜け サイコン無し感頼りのスタート
スピード、ケイデンス、心拍数も分からないので「前に走ってる奴は全員抜く」
とシンプルな戦略の 神風アタック


道中2、3人に抜かれたが無事完走


走り終えてもタイムよりGARMINの事で 頭がいっぱい!
早く下山し探しに行かなければと 焦りまくりw


スタート前から何度も 大会本部へ
落し物の確認へ行きましたが見つからず 最後の確認をしに行ったところ


なんと私のGARMINが届けられてましたヽ(*´∀`)ノ

大会関係のボランティアの方々、沿道で応援してくれた方々、この様なイベントを開催してくれた方々ありがとうございました

来年以降も頑張って参加させてもらいます


最後にサイコンを拾ってくれた方 ありがとうございましたm(_ _)m